カードローンとキャッシングの違いを知ろう

多くの人がお金を借りるうえで意外と知らないことがカードローンとキャッシングの違いではないでしょうか。
いずれも銀行や消費者金融といった金融機関から借入するという点で共通していますが、その内実はかなり異なります。
まずキャッシングは基本的に個人向けの小口融資となっており、融資上限はおよそ50万円ほど。
長期払いは想定されておらず、一括払いが基本です。
クレジットカードの付帯機能となっていることが多く、キャッシング単体での融資はあまり多くありません。

一方のカードローンは、融資額が幅広いことと、法人も対象としていることがキャッシングとの大きな違いです。
上限融資額は、たとえば不動産を担保としたカードローンの場合、数千万円にも達することもあります。
個人向けであっても、200万円の契約が成立したケースも珍しくありません。
個人だけでなく法人も利用可能であり、つなぎ融資がわりに利用するケースも目立ちます。
キャッシングとは違い、カードローンにおいてはリボ払いが基本です。
リボ払いは債務残高に応じて毎月一定額を返していく方式のことで、とりあえず金利だけを支払って凌いでいくことも可能です。
ただし、出来るだけ早く元本も返済していかないと、総返済額が嵩んでしまうので気を付けましょう。

以外と見落としがち!キャッシングを利用する前に見直しておくべき総量規制とは?

「キャッシングしたいと思ったら、できない!」
そんな時に、まず確認してほしいのが「総量規制」です。
総量規制とは、消費者金融など貸金業者の業務等について定めた貸金業法の改正により2010年6月に施行された法律です。
この総量規制は、消費者を多重債務から守るために設けられたもので、これらの導入よって、金融業者からの借り入れは、年収の3分の1の金額までしかできないという制限が定められました。
また、総量規制施行以前は、各金融機関で限度額の上限まで借入が可能だったのですが、現在では、各金融機関で借り入れた合計金額が年収の3分の1以上に達した時点で総量規制違反の対象となりますので、注意が必要です。
簡単に言えば、例えば年収600万円の人が、A金融機関から100万円借り入れをしていた場合、総量規制による借り入れ可能金額は、3分の1の200万円までとなりますから、新たにB金融機関へキャッシング申し込みをしようとしても100万円までしか借り入れができないことになります。
なお、キャッシング利用がストップするのは、早くて数日中に、遅くとも1~2ヶ月以内には利用停止の措置が取られます。
ですから、新たに借り入れをする場合には、必ずこの総量規制についてチェックし、自身の債務状況を確認した上で、キャッシングが総量規制の違反対象になっていないかをチェックする必要があります。

ある日突然キャッシングがストップしたら!?まずチェックすべき3つの点。

キャッシングを利用しようとしたら、ある日突然、カードがストップした!
その場合、考えられる主な理由は、以下の3点です。
1点目は、上記の「総量規制」に違反していること。
2点目は、返済の遅れや支払いの延滞があること。
3点目は、収入証明を提出してから3年以上が経過していることです。
1点目の総量規制については前述した通り、注意しておきたい点は、自身の債務状況を確認した上でのキャッシングですが、2点目についても、借入金額や返済日等、債務状況をきちんと整理しておくということが前提となります。
この2点目の返済の遅れや支払いの延滞がある場合、その後のカード利用が制限されることになり、総量規制違反の場合と同様、キャッシングは、利用停止となります。
この場合の返済の遅れや支払いの延滞の期間や頻度ですが、返済の遅れについては、例えば、数日であった場合でも、繰り返し、頻繁に遅れているという状況であると、利用停止になる可能性があります。
また、特に注意しておきたいのは、1ヵ月以上の返済の遅れと、キャッシングを初めて1年未満という場合です。この場合、状況によっては、それ以降、どの金融機関からもお金を借りられなくなることがあります。
3点目の収入証明を提出してから3年以上が経過している場合についてですが最近では、申し込み時の提出書類に収入証明を提出しなくてもよいというサービスも見受けられるようになりました。
しかし、キャッシングを利用する場合、原則としては、一つの金融機関から50万円、その他を含め100万円を超える借入を行う場合には、収入証明書の提出が求められます。
また、ここで気を付けておきたいことは、この収入証明書の提出は、3年に一度の確認が義務付けられていますので、3年以上経過して確認を怠った場合には、キャッシング利用に制限がかかる場合があります。
以上のように、突然キャッシングが利用停止になると心配や不安が募りますが、キャッシングの利用停止措置を取られる前に、上記3点の確認を含め、キャッシング利用時には、必ず自己の債務状況をきちんと整理し、常に把握しておくことが重要です。

コメントは受け付けていません。

携帯とコンビニを利用して、手軽なキャッシング

携帯などの支払いに困った場合にも、キャッシングをすれば解決する事ができます。キャッシングは簡単に資金を融通してもらう事ができる貸し付けサービスなので、特に若い世代を中心に人気を博しています。携帯からでもキャッシングの申し込みをする事ができるので、利便性に優れています。携帯からの申し込みであれば時間帯の制限がないので、利用する側にとってはありがたいです。
お金借りるならどこがいい?みんなが選んだカードローンランキングなど参考にしてはいかがでしょうか。
条件が良い融資先を見つける事ができたら、契約を交わすのが一般的な流れとなります。契約をする前に、契約書の内容を必ず読む必要があります。契約書に納得をした上で契約を交わす事が、トラブルを未然に防ぐ為のポイントとなっています。安易に契約を交わすとトラブルの原因となるので、こういった点には注意しなければならないです。
手続きを終えるとキャッシュカードを受け取るので、これを使用してATMから現金を借ります。時間帯によって数百円の手数料を支払うのが一般的です。
コンビニを利用して、気軽にキャッシングを利用する事ができます。コンビニにはATMが設置されているケースが多く、融資や返済を行えるようになっています。大手の消費者金融や銀行では、コンビニに設置されているATMに対応しており、すぐに利用できるようになっています。ATMの操作も簡単になっており、機械の操作が苦手な方でも安心して実施できます。
全国各地には多くのコンビニがあり、気軽にATMを利用できるように環境を整えています。注意点は、コンビニに設置されているATMでは対応していないケースがあります。設置されているコンビニのATMは似ているようで種類が違っており、対応しているキャッシング業者も異なっているからです。
その為、キャッシングを利用する際、家の近くにあるコンビニのATMに対応している業者を選択する事が大切です。そうすれば融資だけではなく、返済もあっという間に実施できるので、快適に使用できるからです。
キャッシング業者もコンビニのATMに対応すれば、多くの人に対して融資を行えます。現状でコンビニのATMに対応していないキャッシング業者も続々と対応できるように工夫しており、利便性が向上している状況です。
借り入れ期間が長くなってしまうと利息の負担が大きくなります。利息は金利の借り入れ期間によって決められているので、早めに完済する事が大事です。そうする事により、利息の負担を最小限に抑える事ができます。

コメントは受け付けていません。

即日カードローンでの総量規制にまつわるはなし

カードローンには、銀行の出しているもの、信販会社の出しているもの、消費者金融が出しているもの、それぞれがあります。

カードローンの即日審査などのようなケースは、いろんな事業体での審査基準がありますので、一概に説明することはできません。

その中で、総量規制と言う法的規制項目があります。

要するに、返済の見込みのある人に、返済可能な金額での借り入れ基準を見込もうという政策のことです。

審査の対象外の減免することでもありますし、自己破産のケースを減らす意味でもあります。

貸し出している事業者の不良債権防止にも役立っているので、利用者を守るという意味での法の施行です。

なお、総量規制と言うのは、例えば事業者が借り入れる際での話ではなく、あくまで個人名での借り入れの話です。

なので、銀行の貸し出しに総量規制があるという意味ではありません。

ですが、銀行のサービスでのカードローンもあります。

消費者金融や信販系では即日申し込み及び審査の窓口を置いているところもあるでしょう。

今すぐお金を借りるなら!【KEN直伝】即日融資OKな消費者金融人気ランキングで概略を押さえておくといいかもしれません。

ただ、総量規制では他の金融事業体での借り入れ状況の数字も判断される事項ですので、信用調査と言う観点での規制ではなく、総借入金額での規制であるので、注意してください。

なので、元来の通り、事業者は銀行で借り入れることができ、一般借入利用者は他のカードローンを利用することとなります。

もし、事業者などの総収入が給与所得以外の査定方法がある場合は、総量規制の枠内での審査も可能です。

また、総量規制が緩和される、銀行以外のカードローンのケースもありますので、全体的に調べるといいでしょう。

そして、法的なことを知りたい場合には、専門業者に相談したほうがいい場合もあるでしょう。

概観で説明すると、総量規制の枠内でのカードローンで即日審査がある場合は審査に堅いケースが多く、そして利率が銀行より高くなると言えそうです。

事業者の個人の借り入れは、銀行では事業としての審査もあるでしょう。

ただし、総量規制の枠内では、事業関連の収入の内での査定が入るので、一般利用者とはまた違うようです。

また、総量規制の措置は、金融事業者から利用者への説明の仕組みや利用申し込み者への提出書類の義務付けがありますので、金融事業者に相談や質問をすれば分かります。

もし、即日と謳われたサービスに納得できない場合は、納得するまで金融事業者のサービス説明を伺うといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

おまとめローンの審査の流れを理解しよう

おまとめローンの審査の流れを理解するためには、高度な知識が必要となることがありますが、顧客サービスがきちんとしている貸金業者にお世話になることで、誰しも自信を持って対応をすることがとても大事です。
特に、多くの消費者の間で需要の高いおまとめローンの利用方法に関しては、今や大手のメディアで取り上げられることがありますが、各地の有力な貸金業者の役割をきちんと理解することで、何時でも冷静に判断をすることが可能となります。

一般的に、ニーズの高いおまとめローンの審査の流れに関しては、大手の貸金業者の公式サイトなどに丁寧な説明が行われることがあるため、空き時間を使いながら、積極的に業者選びをすることがコツとして挙げられます。
とりわけ、専門性の高いサービスが用意されている貸金業者の選び方については、素人が判断しにくい部分があるとされ、早期に各業者の手続きの流れを理解することがポイントです。

その他、大手の貸金業者が取り扱っているおまとめローンの仕組みについて迷っていることがあれば、無料相談の機会を利用することによって、人それぞれの家計の都合に応じて、理想的な契約内容を把握することが出来るようになります。

コメントは受け付けていません。

メリットが多い即日融資には利用できないデメリットも

急にお金が必要になった人にこそ、即日融資が大変頼りになる存在になります。
申し込みをしたその日にキャッシングができるサービスであり、急いでいる人ほどメリットは高く、ほとんどデメリットがないのが即日融資です。
ただ誰もが利用できないこともあり、そのほとんどがこのサービスが利用できる条件を知らないことによって、キャッシングできない人もいます。
そのデメリットを被る条件を知っておくようにしましょう。

ほとんどが振込による対応になるのが即日融資。
よって平日の15時までが対応できるリミットとなります。
これを超えることになると即日融資を受けることができなくなり、利用できないデメリットの影響を受けることになるでしょう。
それを避けるためにもなるたけ早めに申込みをしてください。
ほとんどの即日融資を提供するカードローンは審査が早いですので、午前中までに申し込んでいれば利用できる可能性がぐっと高まります。

また無人契約機を利用するのも、即日融資の可能性を高めるメリットがあるでしょう。
その場で審査が行われ、カードも受け取ることが可能です。
契約書類もその場で受け取りが可能となり、郵送物が送られてこないことから誰にも発覚されないで利用できる新たなメリットがここにあります。

コメントは受け付けていません。

来店不要で即日融資可能な専業主婦でも利用出来るカードローンはあります

銀行や消費者金融が行っているカードローンは、扱っている金融業者が多く様々な特徴を兼ね備えた商品が提供されています。
貸金業法の改正により、棲み分けが進みつつある銀行と消費者金融では、来店不要で即日融資可能という利用者にとって利便性が高いカードローンを提供している金融会社が増えています。
しかし、専業主婦が消費者金融から借入を行なう際には、貸金業法に基づく総量規制の影響により、専業主婦本人に収入が無い限りは、カードローンを利用するために配偶者の同意が必要となってしまいます。
せっかく来店不要で即日融資可能な消費者金融を見つけても、本人にはどうにもならないことがあるわけです。

しかし、銀行が行っているカードローンならば、適用される法律が全く別ですから総量規制対象外です。
専業主婦であっても来店不要かつ即日融資可能なカードローンへ申し込みが可能になります。
家計全体での総合的な判断となるので、実際に融資可能かどうかは、銀行側の審査結果によりますが、申し込み段階で受け付けてもらえないことはありません。
専業主婦に人気が高いカードローンは、銀行が行っているタイプに限られる理由を理解していれば、最初から選択に迷うことはなくなるでしょう。

コメントは受け付けていません。

カードローンの年齢について

お金を借りる場合は、年齢制限があることがほとんどです。
これは、カードローンにおいてもやはり同様になります。
では、カードローンで借入することができる年齢は何歳でしょうか。
これについては、業者によって異なります。
一般的には20歳以上で上限が65歳以下としています。
20歳以上としている理由は、青年になっているからです。
少なくとも未成年では責任能力がないと考えられます。
ただし例外的に、20歳未満であっても結婚をしている場合は借り入れをすることができることになっている業者もあります。
結婚すると成人と考えられるからです。

一方で、業者によっては18歳から借り入れをすることができるところもあります。
カードローンで18歳から借り入れをできる業者というのは学生ローンになります。
学生である以上、年齢を18歳まで下げてお金を貸しているのです。
基本的に18歳であれば、保護者の同伴がなくても借り入れすることは可能です。
もちろん、安定した収入が必要です。
学生ローンになりますので学生限定です。
つまり、ここでいう安定した収入というのはアルバイトのことになります。

こういた例外はあるものの、多くの場合年齢は20歳以上と定められていると考えて間違いないでしょう。

コメントは受け付けていません。

土日でも即日融資で安心

金融機関などから融資が必要となる場面は多くの方が体験したことがあると思います。
平日であっても金融機関に融資の申し込みをして、審査を通過して即日融資というのは難しいのではないかと思っている方も多いのですが、土日であったら不可能だと諦めている方も多いのが現状です。
しかし、近年では土日や祝日であっても即日融資が可能な金融機関は増加傾向にあります。

その背景には、土日こそ急な出費が発生してしまうケースが大変多いからです。
急な付き合いや冠婚葬祭など土日に起こり得る急な出費に対応すべく、年中対応をしている金融機関は大変多いのです。
しかし、キャッシングサービスなどを利用するためには様々な審査を受けなくてはならないため無理なのではと思われる方も多いと思います。
勤務先が土日休みであり、在職確認がとれないなどといった問題を考えられますが、希望している融資額が規定範囲内である場合は、身分証明書の提示だけで、在職確認をしないといったケースも多くなっているのです。
そのため、審査がスムーズであり、土日であっても即日融資は可能となっています。
土日突然の出費があっても融資を受けられないと諦めていた方も、金融機関によってはスピーディーな対応が望めますので安心です。

コメントは受け付けていません。

10万円なら比較的に即日融資も受けやすいです

アルバイトやパートでも月に15万から20万円を稼いでいる人はアコムやアイフルの無人契約機で10万円の即日融資を受ける事ができる可能性が高いです。
10万円以下でもいい人もいるでしょうが、消費者金融の場合は最低の借入額が10万からの設定になっている場合が多いので、3万円が必要な人は10万円の限度額の中から3万円だけ使うようなケースが多いですね。
銀行のカードローンでは1000円から即日融資で借入れができる所もありますが、銀行でもそこまで細かい額だけ綺麗に借入れができる所は少ないです。
10万円を借りた場合の毎月の最低返済額は5000円くらいの所が多いですが、5000円ずつ返すと金利を含まなくても20ヵ月かかり、その間には18%前後の金利を取られていく事が多いので、やはり月の返済額は1万円くらいで1年以内に返すのが理想的かもしれません。
金利だけでなく返済が一度でも遅れると延滞損害金も発生してしまい、こちらは元金の20%くらい取られてしまう事が多いので最低返済額だけは絶対に毎月返済する事も大切です。
即日融資は確かに有難いですが、10万円でも毎月5000円ずつの返済だと金利が結構ネックになるので、できるだけ早めに全額返済をした方がいいですね。

コメントは受け付けていません。

最澄の契約期間を選べるおまとめローンの特徴とは

最長の契約期間を選べるおまとめローンの特徴に関心のある人は、日本中に多くいるとされ、借金の滞納などのリスクに備えるために、積極的に業者選びに取り掛かることが良いでしょう。

特に、それぞれの契約者に対してきめ細やかなサポートが行われている貸金業者のほとんどは、ネット上で大きく取り上げられることがありますが、早期に顧客対応の良い業者に対応を依頼することがポイントです。

一般的に、おまとめローンの最長の契約期間に関しては、それぞれの業者の経営方針に左右されることがあるため、空き時間を使いながら、顧客対応が優れている業者に問い合わせをすることが肝心です。

人気の高いおまとめローンの使い勝手の良さについては、素人が判断しにくいところがありますが、様々なトラブルを回避するために、同じような立場の人から助言をもらうことがコツです。

おまとめローンの使い道については、それぞれの業者の最長の契約期間によって、バラつきが出ることがあるため、定期的に実績のある業者のパンフレットやホームページなどに目を通しておくことが大事です。

その他、おまとめローンの契約プランの選び方に迷いがあれば、カスタマーサービスを上手く利用することが重要です。

コメントは受け付けていません。